江國香織『きらきらひかる』の感想文

家じゅうにある本の中で一番読み込んでいる作品。

 

男性の恋人がいる夫・睦月とアル中で情緒不安定の妻・笑子。というと、破綻した家庭を想像するけれど、読んでみると究極の夫婦で恋人だとわかる。飲まずにはいられない笑子にシャンパンマドラーを贈る睦月も。睦月の恋人と3人の子を宿せないかと医者を訪ねる笑子も。息苦しくなるほど愛おしい。

 

本作のタイトルは、入沢康夫の詩『キラキラヒカル』から名付けたという。この詩を初めて読んだ時、胸骨のあたりに小さな穴があいて、そこに差し込む一筋の光が放射していくイメージを思い浮かべた。掴まえておくことができない美しいもの。感情の媒介としてただそこに在る自分。

 

睦月の父親が笑子へ「あいつと結婚するなんて水を抱くようなものだろう」という。不毛を意味するのであろうこの言葉も、一瞬の光に感じて、わたしも、あいつも、おとこも、おんなも、無体物で。睦月と笑子を夫婦・恋人たらしめるのは、掴めない、持ちえない、そういうものへの信頼なのかも知れない。

 

あとがきには「素直にいえば、恋をしたり信じあったりするのは無謀なことだと思います。どう考えたって蛮勇です。それでもそれをやってしまう、たくさんの向こう見ずな人々に、この本を読んでいただけたらうれしいです。」とあった。

 

 

 

 

江國香織の作品に出てくる女性は落ちぶれても美しい。アル中といったって飲むのは196ではなくジンとキュンメル、泣きつくのは元彼ではなく紫のおじさん(セザンヌの自画像)。等身大の自分ではないからかえって感情移入できる。